×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カロリー計算でダイエットは成功しますか?

「食事のカロリー計算をしっかりして、食生活を改善したけれど、体重がまったく減らないぞっ!」っていう人はいませんか?
これはなぜなのでしょうか?
じつは、食べながらダイエットしても、食生活だけでなく生活自体がだらけていては、ダイエットの効果も半減です。ただ、今まで激しい運動をしてなかった方が急にジムに行き始めても挫折するのは当たり前です。せっかくの努力も、このように自分自身を責めてしまったら、何のためのダイエットなのか意味が分りませんネ。最近は、「運動によるダイエット」が流行り、お家でエクササイズが出来るDVDに非常に人気が出ています。そうそう、ブートキャンプのことですね。ブートキャンプDVDは、オークションなどで値段も安くなっていますので、初めてみるのもいいかもしれません。テレビを見ながら毎日継続することで、少しずつ運動をカラダに慣れさせてダイエットしていくのです。
それから・・・おすすめしたいのは「体重計に毎日乗ること!」。不思議なことですが、これだけでも運動によるダイエットは成立するのです。毎日のカラダの変化を大切にすること。体重の変化に気をつけて運動の量や食事の摂り方を考えれば、一定の体重を保つことができるはずです。

カロリーとダイエットの密接な関係

ご存じのとおり、日頃私達が口にしている「食べ物」には、それぞれカロリーと言う数値で測ることができます。カロリーはラテン語「Calor」が語源となっていて、意味は「熱」です。
カラダを動かす為には、必要な熱量があります。その絶対に必要な熱量を超えたものは体内に蓄えられるのです。そして蓄えられた熱量も度が超えると脂肪になってしまいます。この脂肪がまさに肥満の原因なのです。
だから自分の最低限必要なカロリーの計算をしっかりとしながらダイエットを実行すれば、健康的なプロポーションを手に入れることができるのです。
ではでは、ここからが本題です!
カロリーの計算は、一体どのようにすればよいのでしょうか?
じつは、難しく考える必要はありません。「大体でいいのです!」(怒らないで聞いて下さい)
食事の度に、時間とカロリーをメモしておくのです。そうすると、ご自身の「食生活」がみえてくるはずです。一日3食お肉だったら?それは、太るに決まっていますし、身体にも良くありませんよね。
カロリー計算を毎日すれば、自分の食生活にいつも気をつけることができます。そんな身近なところからダイエットははじまるのです。甘いものが食べたい。食べて平気なのです。夕食のご飯を減らせば、同じ事です。ただ、やみ雲に減らしてはいけません。ダイエットの基本はまず、自分の一日の活動に必要なカロリー(熱量)を知ることです。自分のカロリー摂取量をきちっと把握していれば、体重が増えることは無いのですよ。

よ〜し!ダイエットをはじめるぞ。って人へワンポイントアドバイス

ダイエットをはじめる前に注意したいワンポイントアドバイス!
「痩せたい」と考えている若い人たちのほとんどの方が、いつもその事を考えているのではないのでしょうか?テレビで見るタレントさんに憧れたり、欲しい洋服サイズだったり、女の人はいつもそんなアンテナを張っているように思います。外国の人から見た時に、特に日本の女性たちが「ダイエット」と言う言葉にとても敏感であることに対して、「痩せてるのにどうして?」と思われている事をご存知でしょうか。
そんな中、メディアでは様々なダイエット情報が溢れ、中には大変危険なものも存在しています。その人自身の健康的なプロポーションが、本来の姿なのにも関わらず、それを見失うことも少なくありません。ダイエットに対する間違った認識から、食べることは、いけない事のように考えて、極端な食事制限をしたり、太ってしまったらといつも不安感いっぱいで過ごしたリ、様々な病気を引き起こしたりする例も見られるようです。ダイエットをする時には、自分の体をしっかりと観察して、体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたらストップするという事も、きちんと頭に入れておきましょう。
ダイエットをスタートする前に、自分が本当に太っているのかどうか、ダイエットが本当に必要なのかを調べてみましょう。
◆BMI指数について・・・
BMI指数とは男女共通の肥満度をもとめる計算式です。
BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)
BMI指数の計算結果が、20以下の場合は痩せている、24以下の場合は標準、26.5以下の場合はやや肥満、26.6以上の場合は肥満ということになります。ダイエットをする前に、BMIの数値により自分がどのタイプか把握した上で、自分の体系にあったダイエットをするようにしましょう!
度を過ぎたダイエットをする必要はないとおもいませんか?

Copyright © 2007 これならリバウンドなし!カロリー計算ダイエット